奈良 メガネ 両眼視機能 視覚認知 隠れ斜視 強度近視 斜位 発達障がい ビジョントレーニング 子ども用メガネ 弱視

 ● トップページ

 ● 店主の御紹介

 ● 「見る」ということ

 ● 営業カレンダー

 ● 当店の価格目安

 ● 店主のブログ


 ●ご相談・検査の御予約
 
 ● 子供の眼の相談会  

 ● 発達障害(不調)    と視覚認知の関わり



 ● JoyVisionグループ



 ● 当店までのアクセス

 ● 眼鏡作成の流れ

 ●ドイツ式両眼視機能検査

 ドイツ式両眼視機能検査×
   個別アイコード測定


 ● ビジョントレーニング

 ● 視覚認知検査

 ● 当店の検眼室

 ● 子供用メガネ

 ● 遠近両用メガネ

 ● お役立ちリンク
 (信頼できる眼科医院)  (信頼できる眼鏡店)  (信頼できる支援施設)


 ● お客様からの喜びの声

 ● よくある質問 

 ●ディスレクシア (読み書きの学習困難)

 ● 子供用メガネ

 ●子ども用スポーツゴーグル
 レックスペックス


 不同視用メガネ

  深視力メガネ

 
● 視覚機能研究会

 
● パソコンメガネ

 ● 強度近視用メガネ

 
● 大きいメガネ

 
● 剣道用メガネ

 ● レンズ/遮光眼鏡/偏光

 
● 医療用ルーペ


 ●オーダーメイドフレーム   (完全フリーオーダー)

 
● 職人手造りフレーム

 
● コンセプトY  
 
● FACTORY900


 
● PROPO DESIGN

 ● Kazuo Kawasak

 ●GROOVER

 BYWP

 
STEADY

 
SOLID BLUE

 ●lafont(ラフォン)

 ●HUSKY NOISE

 




 


Joy Vision 奈良
オプト まつもと


橿原市常盤町495-1
0744-35-4776

奈良県橿原市常磐町 メガネ店 オプト松本 ジョイビジョン奈良 深視力 視力検査 ビジョントレーニング


大きな地図で見る



















































































 奈良 メガネ 両眼視機能 視覚認知 隠れ斜視 強度近視 発達障がい ビジョントレーニング 奈良 メガネ 両眼視機能 視覚認知 隠れ斜視 強度近視 発達障がい ビジョントレーニング 

               奈良 メガネ 両眼視機能 視覚認知 隠れ斜視 強度近視 発達障がい ビジョントレーニング 奈良 メガネ 両眼視機能 視覚認知 隠れ斜視 強度近視 発達障がい ビジョントレーニング



「見る」ということ


奈良 メガネ 両眼視機能 視覚認知 隠れ斜視 強度近視 斜位 発達障がい ビジョントレーニング 子ども用メガネ 弱視

今の見え方が「本当に正しい見え方なのか?」と疑問に感じませんか?

「視力」とは人間の眼の機能全体ほんの数パーセントにしかすぎません


視力が良くても見る力が弱いことが見過ごされています


日本では「視力1.0、視力1.2」等の視力基準によるメガネ作りや眼科的評価が一般的です。

もちろん、視力的な評価は欠かせないものであり、視力が出ていることや出やすいことは大変重要なことです。

しかし、視力が1.2出ていても「見る力」が弱かったり、「見え方の質」が悪かったりする場合が往々にしてあることは意外と知られていないのが事実です。

たとえば、裸眼視力・眼鏡装用時の視力で視力1.0や1.2が出ていても、

「一点を注視し続ける力」
「動くものを目で追いかける能力」
「見たいものに素早くピントを合わせる能力」
「物の形や位置を捉える能力」


・・・等に問題を持っている人が多いのが事実です。

これらの問題が気付かれないまま、抱えなくてもよいストレスを持ったままに生活を送る方が大変多く、原因の究明が行われないままに医療施設を転々としたり、合わないメガネを無駄に購入される方を多く見掛けます。

また、 これらは視力に問題がなくても、さまざまな見えにくさを持つ方が大変多いということでもあります。

目というのは「視力が良い」ことだけを指すのではなく、視力が健常であり、楽に両眼視が行え、精密な立体感と遠近感を引き出せている・・・ということが「良い目」であり「良いメガネ」と考えます。



 視力と見る力

私達は、視覚を通じて、様々な情報を得ています。

このとき、視覚から得れる情報を全て取り入れているわけではなく、対象と背景の区別をしています。
例えば、下記の写真を見てみましょう。


視力が1.2でも見える人もいれば、すぐには見えない方がおられると思います。




奈良 メガネ 両眼視機能 視覚認知 隠れ斜視 強度近視 斜位 発達障がい ビジョントレーニング 子ども用メガネ 弱視

見えなかった方でも、こうやって線を書くと「牛」であることが分かったはずです。

奈良 メガネ 両眼視機能 視覚認知 隠れ斜視 強度近視 斜位 発達障がい ビジョントレーニング 子ども用メガネ 弱視

これが牛であるという事が分かるのは、脳の経験的な手掛かりから結びつけて、不要な情報を無視して牛であると判断できているのです。



図地弁別のテスト
奈良 メガネ 両眼視機能 視覚認知 隠れ斜視 強度近視 斜位 発達障がい ビジョントレーニング 子ども用メガネ 弱視

下の絵が上の絵の中に何個隠れているか素早く見つけてみてください。

答えは分かりましたか?

これは雑多な情報の中から必要な情報だけを取り出す「図地弁別」の能力を調べるテストです。

この能力が弱いと、見るべきものを効率的に選択することが難しくなり、ものごとの処理が上手くできなかったりします。

具体的には黒板のどこを見ていたのか分からなくなる等の困難が出てくるのです。

このように、何かの影であると考えながら見ると、概念的な知識を使って情報処理を行い、存在しない輪郭線を補いながら「牛」と知覚できることは、知覚が後天的な情報を利用して見ていると言えます。

視覚閉合のテスト

奈良 メガネ 両眼視機能 視覚認知 隠れ斜視 強度近視 斜位 発達障がい ビジョントレーニング 子ども用メガネ 弱視
上の絵と同じ形になるものを下の絵の中から選んでください。

答えは分かりましたか?

視覚閉合のテストとは、一部の情報で全体を掴む能力を調べるテストです。
一部分の情報で全体像を把握できれば、効率よくものを見たり判断することが出来ます。

反対に、視覚閉合の能力に弱さがある場合、部分を一つ一つ見ないと全体の構成が分からないということになりますので、漢字を覚えたり、まとまりとしての文章を読むことに時間が掛かったりします。



これらが何を意味するかと言うと、視力が1.2であろうが2.0であろうが、見ているものが何であるかということが判断できなければ、それは「見る力」があるとは言えないのです。

このように、概念的な知識と入力情報を使って行う処理とは分けて考えるべきであり、認知処理過程の中で、この何れもが協調して働いていることが「正しく見れている」と解釈すべきなのです。





さらに詳しく→ 両眼視機能  視覚認知 子供の眼



 
所属研究会/学会

ビジョントレーニング研究会

深視力メガネ研究会

視覚機能研究会

パソコンメガネ研究会

日本眼鏡学会


 所属視覚支援団体

 ●
ディスレクシア支援協会     正会員 (ディスレクシアに対する理解と啓蒙を)

The Light on DesignProject     正会員

(地域、現場の施設で障害児の教育、訓練に直接携わる人たちなどへ)

 K-ABC協会

 ●日本医療学会 会員 (信頼できる眼科選びの参考に)

発達障害のある子への視覚支援
●LD(学習困難)
●ADHD
(注意欠陥・多動性障害)

Copyrights(C) 2011 JOY VISION NARA All Rights Reserved.