自動車を運転する際に、必要な適正検査は「視覚」「色彩識別」「聴覚」「運動能力」「深視力」に分けられます。※準中型・中型・大型免許・2種に必要

このなかで、情報の90%以上は視覚清報であると言われ、多くの情報を視覚に依存していると言えます。

最近では、自動ブレーキに代表される「運転支援システム」の進化により、ドライバーの安全な運転を支援するシステムの実用化が徐々に浸透してきましたが、公道を走る全ての車に搭載されているわけではありません。

そして、搭載車においても、これらのシステムの作動を未然に防ぐために、運転車自身の視覚情報処理を高めることが何より重要だと考えられます。

この、視覚情報処理を高める方策において「両眼視機能の綿密なアセスメントによる度数決定」と「運転に特化した専用レンズ」の関係性は非常に密接です。

ドイツ式両眼視機能検査におけるメリットは、視覚的に最も重要な「中心窩」に両眼の像が結像するよう細かな調整を行い、両眼視機能の問題軽減による日常生活の質向上、そしてドライビングに対しては運転者の多様な視覚情報処理の負担軽減です。

つまり、視機能由来による見えにくさを排除し、情報に対する注視時間を時間を減らし、鮮明でラグの無い良質な視覚情報を送ることにより、 運転行動で言う「認知・判断・操作」の各段階での反応時間短縮に繋がると言えます。

それらの度数を視覚的な運転要件に最適な装備が備わった“Rodenstock Road(ローデンストックロード)”で再現した際には、レンズ側の機能によって「雨や霧、雪が降った 場合のコントラスト向上」「夕暮れや対向車ヘッドライトでの運転での見え方向上」が得られることで道路交通の安全性が向上します。

これらのメソッドは、安全運転支援システムを作動させることなく、自らの視覚資源を引き出す方策です。

是非、お試しください。
     眼鏡が合わない、眼精疲労、不同視、強度近視、斜位、斜視、視機能不良で物が二重に見える、大型・二種免許等の深視力、読み書きが苦手、レーシック後、白内障術後の不具合といったお困りごとをお持ちの方へ


                奈良県 メガネ 両眼視機能 視覚認知 ビジョントレーニング



奈良県 メガネ 両眼視機能 子ども用メガネ 深視力
当施設を「新規」で御利用頂く方は原則「予約制」とさせて頂いております。


奈良県 ドイツ式 両眼視機能検査 視覚認知 ビジョントレーニング 白内障術後 メガネ 奈良 両眼視機能 ビジョントレーニング  




貴方が大事な家族を車に乗せるのであれば、運転で家族を不幸に巻き込むことがあってはいけません。

貴方がバス・タクシー・トラック等を運転する職業プロドライバーであれば、自身の視覚機能を過大評価することがあってはいけません。

貴方が車を愛するならば、貴方が愛する車で他者に迷惑を掛けることがあってはいけません。

ドイツ式両眼視機能検査×Rodenstock Road(ローデンストックロード)で安全で快適なドライブライフの領域へ入るべきです。

ドイツのアウトバーン(速度無制限区域のある高速道路)でチューンナップされた本物のドライビング専用レンズ

ドライビング専用レンズ

ドイツの名門Rodenstock社(ローデンストック)のドライビング専用レンズ‟ Rodenstock Road ”
             全国に先駆け、当店で先行取扱いが開始いたしました。





































ローデンストックレンズローデンストックロード

自動ブレーキなどの運転支援システムの作動を未然に防ぐために
自動ブレーキ・車線逸脱警報システムの発生タイミングについては、各ドライバーの技量や、その時の状態等により個人が望む必要な
警報レベルやタイミングは異なり、一意的に決定することは困難なのが実情という研究結果があります。

また、警報システムの故障・性能低下により、危険時にドライバーが期待している警報が発せられない可能性も否定できません。


自動車は性能差が多様であり、運転者も多様であるため、完全に自動車側で危険を回避することは実際には大変困難であるという考え
かたが出来ます。


このため、運転者は自身の視覚能力の低下に対し、眼鏡やトレーニングでチューニングする必要性があり、運転時に必要な多くの視覚情報
処理を円滑に作動させる事が「運転支援システムの作動を未然に防ぐ」ことに繋がります。

また、運転支援ステムの非搭載車においては、ドライバーの「視覚処理機能」が使える資源でなければなりません。

そして、視覚処理機能を使える資源にするために、過去の見え方や眼鏡作成の方法を捨て去り、視覚にとって有利なメソッドによる眼鏡作成
が必要です。


視機能低下による事故視覚機能低下による事故
視覚特性と運転
運転者が普段なにげに処理している「視知覚処理」は非常に複雑なシステムで成り立っています。

例えば、小学校が近い道路、交通量が多い市街地、流入車の多い幹線道路等を走行する際、視覚情報処理が増えるだけではなく、その
視覚情報を「素早く確実に」処理することが必要となります。

例えば、小学校の登下校ルートを自動車で走行する際、児童の動き、流入車の動き、前車・後車の動き等に注視行動を行い、短い注視時
間で正確で効率の良い注意の配分が必要となります。

基本的な視力が低下している、不正確な屈折補正眼鏡、視機能を考慮していない度だし眼鏡などにおいては、視能率は当然下がりますので、
注視行動が無駄に長く必要になり、結果的に注意配分のバランスが悪くなり、認知・操作段階においては無駄なラグの積み重ねが不幸な事故
を招く可能性が高まります。

これを裏付けるように、自動車安全関連の論文によると、事故者と無事故者の比較において、事故者は動態視力に問題のある人の割合が高く、追突事故を起こす人の動態視力は一般の人に比べて低いということが分かっています。

これらは、自身の視覚機能の低下に気づかぬまま日常を過ごしている方、自身の視覚機能を過信し、限界を超えた運転を起こす事で事故をお
こす人、視覚機能の問題がある状態で夜間や悪天候時の視界で限界を超えた運転をする問題、車間距離や相対速度の知覚が低いままに運
転をする人によって起こる事故割合が高いことから、ドライバーの視覚特性と運転行動は非常に密接な関係といえます。



安全で快適なドライブライフへ/Greater safety with unrestricted field of vision
貴方が大事な家族を車に乗せるのであれば、運転で家族を不幸に巻き込むことがあってはいけません。

貴方がバス・タクシー・トラック等を運転するプロドライバーであれば、自身の視覚機能を過大評価することがあってはいけません。

貴方が車好きならば、貴方が好きな車で他者に迷惑を掛けることがあってはいけません。

ドイツ式両眼視機能検査×Rodenstock Road(ローデンストックロード)で安全で快適なドライブライフの領域へ入るべきです。

  

Greater safety with unrestricted field of vision
Rodenstock Road(ローデンストックロード)の特徴


単焦点レンズ~遠近両用レンズ


ローデンストックレンズの特徴
ローデンストックレンズは測定者が持つ測定技術とローデンストックが持つ独自の光学設計の融合により、パーフェクトな性能を発揮します。

光学メーカーとして140年以上の歴史を持つローデンストックだけが持つ独自の特許技術により、累進レンズ及び単焦点レンズの収差は、生理学的および解剖学的事実を考慮し大幅に低減されます。

また、Rodenstockの独自の解析により、完全に個々の屈折異常補正の最適化が可能です。

眼球は近くの物体を見るとき、眼は回旋した位置をとります(リストの法則)。乱視の目では、このローリング効果によって異なる乱視軸が生じます。

Rodenstockは、眼軸にレンズの円柱軸を適合させることによって自然な回旋運動時の乱視度数を考慮することが可能であり、その結果、近距離および中距離で最大25%の視力が向上します。

このように、ユニークなレンズテクノロジーに基づいた世界的に比類のない個人別設計レンズがローデンストックです。



                   

BENEFITS/利点

視界条件が常に一定でなく、運転が貴方にとって常に努力を必要とする行為であれば、
ドイツ式両眼視機能検査×Rodenstock Road(ローデンストックロード)は大きな恩恵をもたらします。

(色弁別・図地弁別の向上)
多くの人は運転時に視覚への不安、不快感、ストレスを感じます。

特に曇天時や眩しさを感じるとき、気象条件、または夕暮れや夜間などもそうです。

また、最近では社外品で不要で無駄に輝度の高いHIDライトを装着する車があり、視覚に不安を持つ方にとっては夜間の運転が驚異となっています。


Rodenstock Road(ローデンストックロード)は特殊なコーティング技術により、「鮮明」で「眩しさを抑え」そして「高コントラスト」な視覚を得ることが可能
になります。

これにより、夜間運転時には不要に輝度の高いヘッドライトの眩しさを軽減するだけでなく、テールライトの点灯を判断しやすくなります。

常時装用においても得られる視界はコントラストが有意に向上することが認められます。

コントラスト向上の恩恵を受けるのは特に高齢者ドライバーです。

加齢による色覚弁別・図地弁別低下をRodenstock Road(ローデンストックロード)によって補完し、的確な運転操作に必要な視覚環境を与えます。

また、年齢にかかわらず、眼球の高次収差が大きい方にとっては、Rodenstock Road(ローデンストックロード)による昼夜間での見え方の向上が認められます。


     

    

そして、前述したように、自動車の運転は我々の視覚システムに対して高次な処理が求められます。

この高次処理を円滑に行うには、高次なレベルで測定された度数の眼鏡装用により、「鮮明」で「高コントラスト」な視覚の入力が必要になります。

例えば、小学校が近い道路、交通量が多い市街地、流入車の多い幹線道路等を走行する際、視覚情報処理が増えるだけではなく、その視覚情報を「素早く確実に」処理することが必要です

Rodenstock Road(ローデンストックロード)の優位性は駐車時や追い越し時、サイドミラー・バックミラーを見る時もそうです。

個々人にチューニングされた個別設計により、運転時に必要な短い注視時間での状況把握を助けます。

何度も繰り返しになりますが、視対象を判別する為に注視時間が長くなることは事故につながります。

それは、どんな速度でも同様です。

公道を走る以上、最低限の視覚機能を保持することは大変重要なことです。
この最低限の視覚機能とは「視力0.7の確保」という意味とは全く違います。

その答えは、ドイツ式両眼視機能検査×Rodenstock Road(ローデンストックロード)にあります。

 











技術と知識が介在する行為である為、「無料視力測定」という類のものとは一線を引いております。

当施設を「新規」で御利用頂く方は原則「予約制」とさせて頂いております。
 
当店では、眼鏡作成に必要な検査や、お子さんの視覚認知検査及びビジョントレーニングを行っているため、お一人にかかる時間や検査も、重層的で多層的になることが殆どです。

視覚認知検査の場合、外部刺激を受けやすいお子さんの視覚認知検査や視覚認知トレーニングなども行っておりますので、入口ドアに施錠している場合もございます。

上記においては、検査において、聴覚的な刺激に過敏さがある方は外的刺激(物音・話声・足音)を除去する必要性がある方もおられるからです。

また、県外から宿泊されてお越しになられる御客様や、県内でも何週間も何ヶ月も前から御予約を頂いている御客様もおられます。

商品の閲覧においては予約の必要がないと思われている方もおられるようですが、やはり先に御予約いただいている御客様が最優先となります事を御了承頂けますと幸いです。

そして、わざわざ御予約頂いている多くの方は、それぞれの「悩み」や「困り感」を抱えられています。

この「悩み」や「困り感」を解決できるかどうかと「不安」や「期待」を抱かれて御来店される方が殆どですので、その主訴に対して全力で対応したいと思っております。

その状況下で、ご予約が無き方がお越しになられた場合、先約の方に御迷惑をお掛けすることは公平性に欠けますので、誠に手前勝手ではありますが、当施設を新規で御利用頂く場合は予約をして頂けますと幸いに存じます。

詳しくは予約制についてのページを御覧ください

※視覚認知検査は完全予約制です




当ホームページに記載されております文章・画像を、無断で転載なさることはご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます



















































Copyrights(C) 2011 JOY VISION NARA All Rights Reserved.